2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 寄稿 ~難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?~ その1 | トップページ | 寄稿 ~難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?~ その3 »

2011年3月29日 (火)

寄稿 ~難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?~ その2

みなさんこんにちは♪

突然ですが、当オリーブ不動産鑑定、開業して今年の秋で5年になります。

で、開業当時に購入したパソコンがそろそろ寿命っぽい、という告白です(-_-;)

なんだか立ち上がり遅いし~、ワードとエクセル一緒に立ち上げると固まるし~(←かなりヤバイ)、危険な兆候が出てます、、、よね?パソコン音痴の私でもそこはかとなく、ではなく、ハッキリクッキリ危機感を抱くレベル。

確か一昨年のお盆にハードディスクが逝ってしまい無料交換してもらったのですが(一週間パソコンにもお盆休みを取らせ、もしかして直ってるかな~?と思って立ち上げたけど、ダメだった)、いよいよ本当に買い替えを考えなくてはならない事態となりました。

もっと早く買えーーー!!という意見もあったのですが、WindowsXPじゃないとだめなソフトがあったり、昨年などはWindows7地価公示作業に支障が出るなどという話があり(資料安全活用委員会内でも問題になりました)、我慢に我慢を重ねてきたのであります。

ところが、先日発表されたH24地価公示評価員募集要領の対応OSのところに「Windows7」の文字がっ! おおう、ようやく対応していただけましたかっsun。やっとパソコン買えるヽ(*^^*)ノ

早速ヨドバシのパソコン売り場に見に行き、見積してもらいました。 

(つづく。これからしばらく、パソコン買い替え顛末記になりそうな予感・・・こうしたらエエよ!というアドバイスがありましたら是非教えてくださいっm(__)m)

では、本日も寄稿論文の続きをどうぞ。

★★★

(以下、寄稿論文続き)   

★ダイジェスト版ではなく、全文を読まれたい鑑定士・鑑定士補の方は、北谷奈穂子まで直メール(nao.k.olive@gmail.com)、リアネット、Twitter(nkolive)などでお知らせください。分析編PDF版をお送りします。

★★

■ダイジェスト版「難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?」■   by 笑い男、改め Mr.X

★★

第2章 鑑定評価への信用の低下

・・・

「鑑定評価への信用低下は以下が主要な原因である。

     鑑定評価の価格が鑑定主体によって極端にばらつくこと

     鑑定評価は必要なのか?の答えが不明瞭であること

~中略~

・・・

「説明責任以前に、依頼者に迎合する鑑定(エクスキューズ鑑定:依頼者が言い訳に使いたいために自分に都合のいい価格を求めさせる鑑定)やマーケットの価格情報を単に追従し鵜呑みにする鑑定(スワロー鑑定)で信用を失っている。これは結局、よくいえば業界全体で各鑑定士の自主性を重んじるという放任主義のため、近視眼的な売り上げ確保に走る鑑定士が、鑑定業界の規律を劣化させてしまっている。調査事項が増えて市場調査結果を記載することで品質は一見よくなっているようにみえるのは皮肉である。」

・・・

~中略~

・・・

鑑定業界はすぐれて信用産業であるが、信用と鑑定業界が同時並行で崩れつつある。そして、これはいずれ業界のみでなく、鑑定評価制度自体が崩れかねない危険性を孕んでいる。」

・・・

~中略~

・・・

信用を再確立しなければ、業界全体の需要は減少しつづけると予想するのは容易である。斜陽産業といわれる建設業界は縮小しているとはいえ、国民の衣食住たる生活に直接的に不可欠だが、鑑定業界はそうでないことを考えれば、その悲観論の深度は深い。」

・・・

第3章 鑑定需要の減少

・・・

「とりわけ、「鑑定評価は必要なのか?」の答えが不明瞭であることの影響は大きい。市場原理主義→平成14年基準改正問題→不完全市場重視→鑑定は必要なのか?とつながり、そしてそこから現実のマーケット情報で事足りるとする風潮へ至るが、この鑑定は必要なのか?の疑問は、鑑定評価自体がクライアントにとって直接的に収益や効用に貢献する性格のものでないことと相まって、需要減少の圧力となっている。

  特に、鑑定評価にかわって不動産自体の競争入札が横行しており、これが疑似市場として公認されつつある。」

(つづく)

« 寄稿 ~難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?~ その1 | トップページ | 寄稿 ~難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?~ その3 »

コメント

この寄稿抜粋はもったいない。 折角だから抜粋を掲載するとともに、全文をPDFでアップしてリンクされたらと思います。

bouenさま
 こんばんは!bouen様のブログにもリンクを貼っていただいたようでありがとうございます。著者に確認しましたところ、全文はちょっとナマナマしいというかトゲトゲしいので完全に一般公開するのは憚られるということでした。ひとまずbouen様宛に分析編をPDFで送付します(解決編は推敲中)。ただ、希望される同業者には同じものをお送りしますのでご容赦ください(^^ゞ

以前 TWITTERでツイートさせていただきました。岐阜の鑑定士です。

「エクスキューズ鑑定」「スワロー鑑定」というのは言い得て妙ですね。ドキッとさせられます。

全文送付希望します。上記メールアドレスまで宜しく御願いいたします。

寺村さま
 Twitterに引き続き、コメントありがとうございます!!さきほどメールで送信しましたのでよろしくお願いしますヽ(*^^*)ノ

WINDOWS7ですが、64BITの対応はなさそうなので要注意ですよ。

UUK様

アドバイスありがとうございます!
次の日記でも記載しましたが、やはり64BIT対応ではないというのは本当なのですね~
今日も業者さんから32BITにするとメモリーを8GBにできないと言われ、悩んでいたところです。一度国交省に問合せしてみようかと思いますヽ(*^^*)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄稿 ~難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?~ その1 | トップページ | 寄稿 ~難しい試験に受かったのにやってられねー僕らの行く末は?~ その3 »

無料ブログはココログ