2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 旅日記 東北① | トップページ | 旅日記 東北③ »

2010年8月17日 (火)

旅日記 東北②

2~3日目に気付いたこと。
それは・・・・
「みちのく一人旅の原則」

夏休みシーズンにもかかわらず異常にライダーが少ないのですが、それでもちらほらすれ違う
ライダーはほぼ90%、「単騎」なんです。しかも、国産車がほとんど。
数台のチームはほぼ皆無。
普段くさるほど走っているハーレーなんか、ほとんどゼロに近い。

なんでしょう?東北って一人でひっそり走りたいところなんでしょうかね。
たしかに「うおお~~絶景やん!」ってところでも観光地化が進んでなくて、地味な売店がチョロンとある程度。道の駅があれば御の字。100キロ近くGSがないことも・・・
賑やかにチームで行くところじゃないのね~ 渋すぎるわ。

さて3日目です。
前日の晴天とうってかわって、竜飛は霧に包まれておりました。雨は降ってないので気分良く出発。昨日と同じ道を通り、南下。
途中で太宰治の生家だという記念館「斜陽館」の前でパチリ。
10080915_218
青森市に到着、久々の都会。「ちょっと休憩」とマクドに入った2分後に、いきなり豪雨がっ!!
うひーーー、危なかった。

1時間ほどインカムの充電をしつつ、お昼にしました。道路の向こう側が煙るほどの激しい雨。出るに出られませんし・・・

小ぶりになったところで一応カッパを着て走り出しました。ら、すぐに止んだ。ラッキーぴかぴか(新しい)

青森市からまっすぐ南下すると、八甲田山に着きます。
ここで夫が「どうしても行きたい」と熱望していた「雪中行軍資料館」へ。
映画「八甲田山」で有名ですよね。ひたすら寒くてツーンとなる映画です・・・
銅像の建っている附近、多数の凍死者がでて捜索が難航した場所だそうです。ううう、気の毒な。
10080915_249
10080915_251_3   
資料館は入場料200円ですが、当時の写真、新聞記事、装備品、名簿など様々な資料がかき集められてて見ごたえがありました。

さて、八甲田山を半周。・・・・緑が濃いです。酸素も濃そう・・・森の空気を胸いっぱい吸い込みつつ。
10080915_2362
10080915_232
十和田湖方面に向います。
奥入瀬渓流を通過・・・・20年ぶりに来ましたが、本当に綺麗なところです。
さすがに観光客が多めかな。
10080915_270
10080915_298_2
十和田湖に到着。ホテルにチェックインしたあと、BMWにタンデムで十和田湖一周。40キロくらいありました~ 軽く周回するつもりが湖から離れて標高1000mに到達する場所もあり、霧に巻かれてやや不安に・・・
10080915_303
夕食には間に合い、3日目は終了。またもや爆睡~


4日目。雨の予報だったのに、なぜか晴れている。十和田湖、美しい・・・
10080915_322
樹海ラインへ。これまた快走路!
10080915_325
このあと、山の中の道をあれこれ通過、安比高原を通り、昼になりました。
道の駅で休憩・・・・

道の駅のテレビは盛んに「台風4号は夕方には秋田に上陸」とか言っている。
うーーーーむ、どう考えても直撃コースやね。

これから問題の八幡平へ登っていくのですが・・・・・仰ぎ見る八幡平はどう見てもすでに降っている。でも、八幡平を通過しないと、本日の宿泊地田沢湖へは行けない。
覚悟を決めてカッパをガッチリ着込み、出発。

・・・やはりというべきか。

大雨洪水警報発令中につき、撮影不能


すぐに降りだし、八幡平の山頂では数メートル先が見えない濃霧&激しく叩きつける雨。
夫のテールランプだけ見て激走70km

単なる恐怖体験でしたー
んでもって、

無線通信機がお釈迦に。


完全防水だと思ってたのに・・・・・あとでバイク仲間に聞いたところ、「生活防水」程度なんだとか。ダメじゃん・・・(ノ_<。)うっ

痛いほどの土砂降りの中、4時前に宿に辿りつきました。
ホテルの方がタオルをたくさんもって飛び出てきてくれました・・・・感謝感激。

靴までぐしょぐしょ・・・ ドライヤーで乾かすの、大変でしたわ。
10080915_348
お宿は乳頭温泉近くの温泉宿。お湯が憧れの「白濁湯」で嬉しかった~~
硫黄のにおいがぷんぷんの情緒あるホテルでした♪

さらに続く。

« 旅日記 東北① | トップページ | 旅日記 東北③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅日記 東北① | トップページ | 旅日記 東北③ »

無料ブログはココログ