2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 司会してみました | トップページ | ぎゃ~ ケンタッキーのビスケットに穴がっ »

2009年3月27日 (金)

受け売りですが・・・

こんにちは。

来週月曜日の総会で承認されれば、4月から大阪府不動産鑑定士協会の理事を仰せつかることになるきたやんです(大それたことを・・・・((((;゜Д゜))))。

昨晩は理事予定者会議なるものが催され、末席乍ら出席して参りました。

議題はさておき(まだ理事じゃないので予備的なものですし・・・)、その後の飲み会でお隣の席のA先生から、とある新聞記事をまとめたコピーを頂戴しました。

ずばり、「各新聞に掲載された『公示地価』の解説文」です。

私は日経新聞しかとっていないので、あんまり気にしたことがなかったんですが、各紙全然違う書き方でびっくりしました!!

讀賣新聞は解説自体がなかったので論外として、

◆朝日新聞◆ 惜しい!(←A先生の評価)

「ニュースがわからん!」というコーナーでかなりのスペースをとって解説。後半部分は概ねわかり易く納得のいく記事になっていますが、前半の「公示地価はどうやって決めるの?」の問いに対し「全国約2万8千の調査地点を不動産鑑定士が調べ、国交省の土地鑑定委員会が価格を判定。1月1日時点の価格として・・・・」とされています。調べるだけじゃなくて「評価」しているんですが・・・そのへんの理解がされていないようです。

◆産経新聞◆ これまた惜しい!

「・・・・不動産鑑定士が周辺の土地事例や土地から得られる収益などを参考に、1月1日時点の1平方メートル当たりの価格を算定、公表する。・・・・」

コンパクトにまとまり、概ね適正な解説でしたが、「算定」の一点だけが間違っています。うーん、惜しい。以前はもっと激しく間違っていたそうですが、A先生はじめ協会の働きかけにより修正されたんですって。

◆日経◆ 良く出来ましたヽ(*^^*)ノ

特に指摘する点がない、適正な解説記事でした。

「・・・標準地について、各地の不動産鑑定士が評価し、国交省の土地鑑定委員会が価格を判定する。建物の新旧などで影響を受けないようにするため、公示地価は土地を更地の状態とみなして評価している・・・」

◆毎日◆ とても間違っている、というか不十分な解説です。

「国土交通省の土地鑑定委員会が・・・・毎年1月1日時点の価格を判定して発表する地価・・・・」

不動産鑑定士の「ふ」の字も出てこないときたもんだ。そんな省略の仕方ってあるか~~~っ!?

そもそも、地価公示法には下記の通り定められているのであります。

第二条  土地鑑定委員会は、都市計画法 (昭和四十三年法律第百号)第四条第二項 に規定する都市計画区域その他の土地取引が相当程度見込まれるものとして国土交通省令で定める区域(国土利用計画法 (昭和四十九年法律第九十二号)第十二条第一項 の規定により指定された規制区域を除く。以下「公示区域」という。)内の標準地について、毎年一回、国土交通省令で定めるところにより、二人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査し、必要な調整を行つて、一定の基準日における当該標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定し、これを公示するものとする。

A先生は以前よりこの問題に取り組み、協会を通じて、あるいは個人的に(←ほどんど無視されるそうですが)各新聞社に働きかけてこられたのですが、すべての新聞に適切な記事が掲載されるには至っておらず、悔しい思いをされています。

そもそも公示価格って以前より実勢価格との乖離等により非難の的になっていますが、非難している方も正しい認識の下に行っているわけではないな、だから批判記事もステレオタイプなんだな~ということがちょっと解った気がします。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。

人気blogランキングへ

« 司会してみました | トップページ | ぎゃ~ ケンタッキーのビスケットに穴がっ »

コメント

ふむふむ、、なるほど。
同じことでも本当にメディアによって違う表現がされてるんですねぇーー
A先生に頑張って正しい表現を推進していって頂きたいものです。(と言うか、業界が意見すべきなんでは?)

そうなんですよね~
ちゃんと業界が「バシッ」と言わないといけないのはおっしゃる通りですよね。
過去に申し入れはしているようなんですが、なかなか改善されない模様です。

こんにちは。何度か書き込みさせていただいている修習生です。

過去に自分のブログで似たようなことを書いたことを思い出しました。

----
2007年6月27日の日経新聞3面「きょうのことば」より抜粋引用

公示地価

国土交通省が毎年3月に公表する全国の土地価格。各地の不動産鑑定士が周辺の取引事例との比較や、賃料などの収益から「あるべき価格」を評価し、国交省の土地鑑定委員会が判定する。都道府県が調査する基準地価や国税庁の路線価などとともに、土地取引の目安とされる。
----

当時はおいおい・・と思いましたが、今思うと大した間違いではなく、むしろちゃんと書けてる方なんですね。

h18_reaさん
 いつもありがとうございますヽ(*^^*)ノ
そうなんですよ~各紙並べてみると、こんなにも書き方が違うんですよ。びっくりですね!これでも改善された方なんですって。協会としてちゃんと文書で申し入れしないといけませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 司会してみました | トップページ | ぎゃ~ ケンタッキーのビスケットに穴がっ »

無料ブログはココログ