2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 地価公示発表 | トップページ | 大阪市立図書館へ »

2007年4月 3日 (火)

公示評価員への道!その2

平成20年度の公示評価員の募集が始まりました!

このたびようやく応募資格ができたので、ただいま書類の作成中です。

公示の評価員になるには、「継続して3年間、鑑定評価業務に従事していなくてはならない」など、色々と条件があるのです。

わたしの場合、通算すればもっと長く鑑定評価業務に従事しているのですが、途中に間が開いているので、「継続して」のところで引っかかっていたのですね!

前勤務先での「従事証明書」と、そこにいたときに自分がサインした「鑑定書」のコピー(15件分必要)などを午前中にもらってきました。

あれこれ書類に記入して・・・手がとまりました。

希望する「所属分科会」を第二希望まで記入しなくてはならない・・・

公示の評価のしくみとして、たとえば大阪だと14個、兵庫だと7個のブロック(鑑定士で構成される、分科会という作業チーム)に別れており、それぞれの分科会が担当エリアの公示地の評価を行います。

各分科会に空きがないと入れないわけで、希望が通るとは全然限らないと思うのですが(なにしろ新人だし)、でも、希望を聞かれると、迷う~~~

大阪市内が勿論便利でいいのですが、希望者も多いでしょうから、空きが少ないに違いない。それだったら最初から、やや希望者の少なそうな周辺地を希望した方がいいのであろうか?どうなんでしょうか?

書類の提出先は国土交通省なんですが、そこのどなたが、どんな基準で振り分けなさるのか、皆目わからないのですよ。

運がよければ、希望の分科会へ。運が普通程度なら、それ以外の分科会へ。そして、運が悪ければ、どこにも入れず、来年再チャレンジ、ですわ。

えべっさんでのおみくじが「凶」だっただけに、やや不安もありますが、へんな邪念は捨てて、希望欄に書き込むことにしましょ。

さ、どうなることやら?

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。
人気blogランキングへ

« 地価公示発表 | トップページ | 大阪市立図書館へ »

コメント

へぇ~、はじめて知りました。

「公示評価員」っていうお仕事が、あるんでありますねぇ。

おもしろそーであります。

わたしも、やってみたいっ!!

↑「そんな、軽々しく言わないで!」って、
怒られそーでありますが、

ほんとに、おもしろそーであります。

きたやんさんのお仕事。

公示評価員ね。
冬のクソ忙しいときに地価公示の仕事がくるからねぇ。
かなりストレスきますよこれ…
でも、報酬はそれなりにいいからねぇ(笑)
地価公示、地価調査両方やってると、地価調査がいかに楽か良くわかります。
数も少ないし。
公示地の数と評価員数しだいでどれだけ忙しくなるかが変わるので、その見方で所属分科会を決めるというのもありかもよ。

トニーさん
  おはようございます。おもしろそうですかね~?トニーさんのお仕事もおもしろそうですが。市場調査で東京に行けるのもよいな~
さて、公示評価員。諸先輩によると、結構神経を使う仕事のようです。全国の土地を一斉に評価するので、同じ基準で行い、バランスをとらないといけませんし、もちろんミスも許されない。公表され、あまたの地価の指標となるものなので、責任重大ですよね。うーん、私にできるのか?

しいくん
 おはようございます。ポイント数が多いと報酬も大きいですが、だいたい田舎の方ですよね。私の場合、車の運転に難があるので、できればはじめのうちは、ポイント少なめで交通の便がいいところが望ましいのですわ。あとは、分科会が仲良しのところがいいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198282/14506387

この記事へのトラックバック一覧です: 公示評価員への道!その2:

» 大学 編入 栄養に関するサイトです。 [大学 編入 栄養]
大学編入にチャレンジしてみませんか? [続きを読む]

« 地価公示発表 | トップページ | 大阪市立図書館へ »

無料ブログはココログ