2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月26日 (木)

ミニ研修会

ブログに、仕事の詳細は書きにくいことが判ってきたので、必然的にそれ以外の話になりがちです・・・ほかの士業の方も、そうみたいです。お客様が特定されたり、物件が特定されてはいけませんので。

さて、今日は、大阪府鑑定士協会のミニ研修会に行ってきました。

夕方5時~7時の少人数の任意研修です。ミニ研修会は初参加!
協会の会議室が会場ですが、30人くらいでしょうか?いっぱいでした。

本日のお題は「ITと鑑定~なぜ今、データ分析なのか?」
講師はA鑑定のN先生でした。

業務に使えるソフトや便利な使い方、統計データがダウンロードできるウェブサイトの紹介など、盛りだくさんの内容で、とっても面白かったです。(途中、「みなさん使われていると思いますが」と言われるとドキドキ・・・電子辞書とか持ってないです。他の人は持ってるんでしょうか・・・うひー。)

PCやデータ分析はあまり得意でないので、いつも苦労するところなんですが、教えてもらった方法を使えば格段に楽になるし、データの蓄積も簡単に出来そう・・・

一人事務所としては、作業の効率化は最優先課題。苦手とか言ってられないですもんね!理論はともかく(入試の数学ですでに挫折していたワタクシ・・・ヘドニック分析とか言われても・・・)、データの正しい利用はできないと!

とりあえず、ご紹介いただいた地図ソフトの最新版など購入し、あれこれいじってみようと思います。最近のソフトは賢くなっているようで楽しみ♪

(余談) 今日、アマゾンからCDが届きました。kokuaのProgress。スガシカオの作詞作曲で、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」のテーマソングになってるやつ!前向きな気持ちになれる、すばらしい曲です。

”あと一歩だけ、前に、進もう”

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年4月22日 (日)

こんなとき、自営業者は?

最近の悩みです。

こんなとき、個人の自営業者の方達はどうしているのでしょうか。

いま、祖母が入院中で、とても悪い状態です。これまで医者から「あと1週間もたない」とか言われたりしています。90の高齢ですし、仕方ないことです。何度もお見舞いに行きましたが、現在ほぼ意識がない昏睡状態です。

考えたくもありませんが、いつ亡くなってしまうか、わかりません。明日かもしれないし、1週間後かもしれないし、もしかしたらもっとがんばってくれるかもしれない・・・

こんなとき、お仕事の依頼があったら、受けるべきか辞退すべきか・・・

もし受けてしまって、いきなりお通夜とかお葬式が入って2~3日仕事できないことになったら、タイトな仕事を受けていたら、明らかに間に合わない。でも、辞退したって、結局なにもないかもしれない・・・

実は最初に「あと10日」って言われたときに、一件辞退させてもらったのですが、結局何事もなくすぎてしまいました。

事情を説明して、「もしかしたら、途中でできなくなるかも」なんて、言いにくいですよね・・・(今回受けたお仕事では、そう言ってしまいましたが)

突然のお葬式、とかだったら、むしろ他の先生にピンチヒッターをお願いするとか、できるかも知れない。そもそも、不安要素があるのに、受けること自体がよろしくないのではないか?とか思ってみたり。

ふー。気が重いです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年4月17日 (火)

研修会

今日は一日研修会でした。

「証券化不動産に関する鑑定評価基準」及び「実務指針」に関する研修。

義務的研修とされており、単位が付与されます。義務ってなってるけど、受けなかったらどうなるんだろ?

とはいえ、最後に確認のミニテストがあり、途中にちゃんと受講してるかどうかのチェックも入る、なかなか厳しい体制です。大阪国際会議場のでっかいホールで、300人以上出席していたと思います。

大阪に、こんなに鑑定士がいたんだぁ~~とびっくり。ここに爆弾おちたら、関西から鑑定士がいなくなるな・・・と不穏な想像してしまうくらいの集合ぶりでした。

午前中は主にエンジニアリング・レポート(ER)についての解説。

昼食が出て、午後は先日改正された鑑定評価基準と実務指針の解説

まあ、必要性は解りますし、ERの位置づけとかも解って、「へ~」と思う部分もありましたが・・・

午後の講義は殆どテキストの朗読のようだったので、しんどかった・・・

講師の先生には申し訳ないが、あれだったら、わざわざ講義してもらわなくても、自分で読めばいいのでは?と思ってしまった。

テキストにはない、もっと実務上の小話を交えて興味をひくとか、事前にテキストを配布して各自読ませたあと、寄せられた質問や疑問が多かったところを重点的に解説するとか、ひと工夫して欲しかったなあ。

ということで、終わったら夕方5時でした。はああ・・・・疲れた。

(追記) 

 悩みは、東京で開催されるという、証券化不動産鑑定の実務者研修です(今回の研修参加が申し込みの条件になっている)。

内容は面白そうなので参加したいのですが、4日間の日程で費用5万円。しかも日程が何故か2回に別れているので、東京二往復・・・宿泊費、交通費を考えると20万円コースです・・・ 吹けば飛ぶような泡沫事務所にとって、ありえない出費ですよお。しかも、証券化不動産鑑定って、ほとんど大手の事務所にしか仕事がないわけで仕事で直接必要か否かもアヤシイところですし(間接的には役立つと思うのですが)。

せめて、大阪で開催してくれないかなあ~~

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年4月11日 (水)

残念なニュース

不動産鑑定士が逮捕されました。

生駒のニュースの一報を聞いたときから、ああ鑑定士も捕まるなと思っていましたが、やっぱり・・・

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070411p102.htm

普段、鑑定士の仕事は、社会的認知度の高い弁護士や会計士と違い、表に出ることが少ないので、悪いニュースのときだけ大々的に出てしまいます。社会的信用、下がる一方ですよね・・・残念でなりません。

かなりの圧力に屈したんだとは思うのですが、許容できる範囲を遙かに超えている模様です。

駄目なものは駄目ですときっぱり断らなくてはと思う今日この頃です・・・

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年4月10日 (火)

同期会

鑑定士第33期の同期会(同じ時期に研修を受けた仲間)で、旅行へ行ってきました。今年で第9回目で、毎年、「花見の会」と称して一泊旅行をし、懇親しております。

いや~~~今回も楽しかったです!!

一日目:伊勢神宮→おかげ横町→夫婦岩→宿で宴会&二次会

二日目:志摩スペイン村→海鮮市場→解散

というスケジュール。

伊勢神宮では桜が満開だったので、数年ぶりに本当の「花見の会」になりました♪まずは伊勢神宮の内宮を参拝。いついっても気持ちのいいところです。

で、おかげ横町で話のネタに「伊勢うどん」を食しました。はじめから「賛否両論」と言われていましたが、これは、うーん。。。微妙な味わいですね・・・
好きな方はおみやげに三箱も購入してましたよ。

私はおかげ横町で招き猫の置物(どこへ観光に行っても必ず買うことにしてるから)と伊勢の伝統工芸の組紐屋で帯締めを2本購入。以前来たときに買ったものがとても良かったので、同じものの色違いにしました。赤福本店で一服

雨が少し降ってきたので夫婦岩は早足で観光し、宿へ。

宴会では今回初参加のFさんの隣だったため業者ヒアリングの極意を伝授してもらったり、皆さんの近況などを知りました。この一年での独立開業は私も入れて2名。今年独立予定のYさんは決意を語ってました!お互いがんばりましょ~

二次会は男性陣の一部屋で飲み直し。卑近な従業員雇用問題から温泉地やゴルフ場の評価方法、特殊収益物件の市況、東京・名古屋・大阪圏の不動産市況、業界情報など、様々な話題で有益かつ楽しい時間を過ごしました。

二日目の今日はいい天気の中、志摩スペイン村へ。いきなりの絶叫マシーンからスタートでみんなふらふらになりました。たまには遊園地もいいですねー。童心に帰ります。
でも、アトラクションを楽しみながらも、全国の遊園地やテーマパークの集客状況とか、どの外資が買ったとかっていう話になってしまうんですよね。仕事柄仕方ないかあ。

その後、海鮮市場によって海産物をおみやげに購入し、鳥羽駅にて解散。皆様、幹事様、どうもありがとうございました。

来年は東京になる予定で既に日程も決まってます♪

楽しみだ~~

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年4月 5日 (木)

大阪市立図書館へ

久しぶりに大阪市立図書館へ行ってきました。

府立の中之島図書館と違って家から遠いし(といっても地下鉄で4駅ですが)、古地図を置いているわけでもないので、あまり普段は行かないのですが、今回はちょっと入手しにくい本(農地法関係とか・・・)を探しに。

市立図書館は府立と違って、綺麗な近代的建物です。貸し出しもシステマチックだし、DVDの視聴やマンガのコーナーなんかもあるし、雑誌も豊富だし(普通にファッション誌もあるんだよね~♪)、閲覧のテーブルも多い。トイレも綺麗。超快適!
一日いても飽きないところです。

今日は遊びに来たわけではないので、2階のビジネス書フロアの、「技術・産業」コーナーに直行です。

あるあるある・・・アマゾンや紀伊国屋で検索しても入手不能だった本や、そもそも検索でヒットしなかったやつがゾロゾロありました。よかったぁ、助かった。ただでさえ入手困難なのに、買ったらウン万円だしねえ。

貸し出しカウンターへ。あまりに長らく放置していたので、入館カードの期限が切れてて再発行してもらいました。今日は7冊借りました。普段なら返却期限は2週間なのですが、蔵書整理で休館が続くらしく、なんと今回は5月3日が期限。だいぶ余裕があって助かります。

・・・なんだか住民税を取り返した気分♪
ビバ、図書館(*^_^*)

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。

人気blogランキングへ

2007年4月 3日 (火)

公示評価員への道!その2

平成20年度の公示評価員の募集が始まりました!

このたびようやく応募資格ができたので、ただいま書類の作成中です。

公示の評価員になるには、「継続して3年間、鑑定評価業務に従事していなくてはならない」など、色々と条件があるのです。

わたしの場合、通算すればもっと長く鑑定評価業務に従事しているのですが、途中に間が開いているので、「継続して」のところで引っかかっていたのですね!

前勤務先での「従事証明書」と、そこにいたときに自分がサインした「鑑定書」のコピー(15件分必要)などを午前中にもらってきました。

あれこれ書類に記入して・・・手がとまりました。

希望する「所属分科会」を第二希望まで記入しなくてはならない・・・

公示の評価のしくみとして、たとえば大阪だと14個、兵庫だと7個のブロック(鑑定士で構成される、分科会という作業チーム)に別れており、それぞれの分科会が担当エリアの公示地の評価を行います。

各分科会に空きがないと入れないわけで、希望が通るとは全然限らないと思うのですが(なにしろ新人だし)、でも、希望を聞かれると、迷う~~~

大阪市内が勿論便利でいいのですが、希望者も多いでしょうから、空きが少ないに違いない。それだったら最初から、やや希望者の少なそうな周辺地を希望した方がいいのであろうか?どうなんでしょうか?

書類の提出先は国土交通省なんですが、そこのどなたが、どんな基準で振り分けなさるのか、皆目わからないのですよ。

運がよければ、希望の分科会へ。運が普通程度なら、それ以外の分科会へ。そして、運が悪ければ、どこにも入れず、来年再チャレンジ、ですわ。

えべっさんでのおみくじが「凶」だっただけに、やや不安もありますが、へんな邪念は捨てて、希望欄に書き込むことにしましょ。

さ、どうなることやら?

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございますm(_ _)m
↓ポチっとクリックお願いします。
人気blogランキングへ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

無料ブログはココログ